HOME > IR情報 > 投資家の皆様へ

投資家の皆様へ

代表取締役社長 福家 利一

投資家の皆様には、
平素は格別のご支援を賜り
厚く御礼申しあげます。

当社第67期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の営業の概況についてご報告申しあげます。

 当連結会計年度における我が国経済は、雇用・所得環境の改善等が続く中で、米国をはじめとした世界景気の拡大に伴う輸出や生産の増加により、緩やかな回復基調が続く状況となりました。

 当社グループを取り巻く機械器具関連業界においては、自動車や半導体部品をはじめとする各種製造装置などの米国・アジア地域向け輸出の増加等により、企業の生産活動は引き続き活発な状況を維持し、増産目的や人手不足対応としての自動化・省力化設備への設備投資も旺盛で、堅調に推移いたしました。

 このような状況の下、当社グループは、中期経営計画ロゴの最終年度として、設定した“成し遂げる姿”を全社員で共有し、「新たな商社機能」の拡大に取り組んでまいりました。

 具体的には、平成29年5月に、当社の経営方針・具体的施策についてお取引先様にご理解・ご協力をいただくため、「事業方針説明会」を実施いたしました。

 「商売の芽」となる情報獲得機会増大の取り組みといたしましては、平成29年4月にポートメッセなごやで開催された「名古屋機械要素技術展」、平成29年6月に東京ビッグサイトで開催された「国際食品工業展(FOOMA JAPAN)」及び「機械要素技術展」、平成29年9月に、「工場のカビ対策に“空間洗浄”という新提案」をテーマに、「フードセーフティジャパン2017」に初出展、平成29年10月にインテックス大阪で開催されました「関西機械要素技術展」、平成29年11月に東京ビッグサイトで開催されました「2017国際ロボット展」に出展し、情報収集と課題解決提案を行いました。さらにユーザー様との接点の場として、お取引先様との協働による展示会の開催や、ユーザー様の工場へ出向いて行う出張展示会を各地域で随時開催する一方、平成29年6月には、東京・名古屋・大阪の3か所で「仕入先様向けIoT説明会」を開催いたしました。

 事業領域の拡大といたしましては、平成27年11月に開設いたしましたテクノセンターにおいて、追加工・組立・アッセンブリ・修理に加え、減変速機のモータ部改造やサーボモータの組付、陸上ポンプの組込納入等、サービスの拡充に取り組みました。さらに技術ソリューション機能強化のため、平成29年4月に大和理研株式会社の株式を100%取得し完全子会社とし、自動化システム・装置案件の対応力強化と新分野への展開に向けて取り組んでおります。また、平成29年12月には新分野の販路拡大を目的に株式会社空間洗浄Lab.の発行済み株式の50%を取得し子会社といたしました。

 人財の育成につきましては、環境が変化する中で自己変革に挑戦し競争力を生むための人財づくりを目指し、従来からのメニューに加え、自社独自の研修プログラムを組み込んだ実践的研修を行っております。

 設備面におきましては、平成29年10月に手狭になっておりました浜松営業所・上田営業所の新築移転を行いました。

 この結果、当連結会計年度におきましては、売上高1,197億1千2百万円(前年同期比15.4%増)、営業利益60億5千1百万円(前年同期比20.1%増)、経常利益62億5千4百万円(前年同期比19.3%増)となり、親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、43億5千4百万円(前年同期比17.6%増)と増収増益となりました。

 株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長代表取締役社長 福家 利一


IR情報
  • 投資家の皆様へ
  • 中期経営計画
  • コーポレートガバナンス
  • IRライブラリ
  • 決算短信
  • 適時開示書類
  • 有価証券報告書・四半期報告書
  • 事業報告書
  • 財務ハイライト
  • IRカレンダー
  • 株式情報
  • 電子公告
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • 営業関連
  • IR関連
  • 採用関連
  • その他
  • ネットワーク
  • PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。
    お持ちでない方はAdobe社サイトから
    最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、インストールしてください。
    新規ウィンドウが開きます
    Adobe Readerのダウンロード
ページトップ


Copyright©NICHIDEN Corporation All rights reserved.